日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブロックチェーンウォレット(Blockchain.info)への登録と初期設定

ビットフライヤーの説明の後半に出てきた「ブロックチェーン(Blockchain.info)」というサイトでWebウォレットを作成する方法を紹介していきます。ビットフライヤーと同じく、無料で作成(開設)することができます。

 

所有しているビットコインを、なぜブロックチェーン(ウォレット)に移さなければならないのかという理由ですが、「セキュリティの面から考えると、自分の所有しているビットコインの管理方法としては好ましくないから」というのが最も理解しやすい理由です。

 

書き出すと話が本筋からずれてしまうので、ここでは割愛しますが気になる方は調べてみてもよいでしょう。検索するとブログやサイトでたくさんの記事が読めますよ。

 

(1) ブロックチェーンウォレットのウォレット作成(開設)

 

公式サイトにアクセスし、「ウォレット」⇒「ウォレットを作成」をクリックします。

 

 

 

メールアドレスとパスワードを入力後、「利用規約に同意する」にチェックをし「続行」をクリックします。これで、あなた専用のビットコインのウォレットが作成できました。

 

 

(2) セキュリティの設定

 

ウォレットを使用する前に、「セキュリティセンター」をクリックしてセキュリティの初期設定を行います。



セキュリティーセンターをクリックすると、下記のような画面が表示されます。登録したメールアドレスに確認のメールが届いているはずなので、メール内の「Verify Email」をクリックします。

 

検証リンクをクリックすると、ログイン画面が表示されます。パスワードを入力して再度ログインしてください。確認メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダなどを確認してください。しばらく待ってみて届かない場合は「電子メールを再送信」して再送するか「メールアドレスの変更」をしてみましょう。

 



再度ログインしたら、左側のメニュー「セキュリティーセンター」を開きます。画面の表示は、下記のように変わっているはずです。「バックアップ・セキュリティのフレーズ」をクリックして次に進みます。

 

 

バックアップフレーズをーズをクリックすると、ログインパスワードを聞かれますので、入力して送信をクリックします。

 

 

続けて、下記のような表示が出てきます。「リカバリーシートを印刷」をクリックすると、バックアップ用の回復句(英単語)がメモできるシートをダウンロードすることができます。この回復句(英単語)は全部で12個用意されています。このシートを印刷するか、メモ帳やノートを用意するかは自由です。準備が整ったら、「次のステップ(赤枠)」をクリックして次に進みます。

 


回復句(英単語)は、4つずつ表示されます。メモをしたら「
次の4つの単語」をクリックして次に進みます。同じことを繰り返すだけなので、画像は割愛します。

 

 

控えた回復句(英単語)を指示に従って入力していきます。何番目の回復句(英単語)を入力するかはランダムで決まります。

 

 

確認が成功すると、下記のような画面になります。先ほど控えた回復句(英単語)は自分以外の人には見られないように安全かつ厳重に保管してください。紛失すると、万一の際にビットコインを取り出せなくなる可能性があります。

 

 

必要に応じて、ログイン用のパスワードを忘れた際のヒントを設定しておくことができます。ただし、日本語の入力は出来ません。英語やローマ字、数字などで入力するか、無視して次に進んでください。

(3) セキュリティ設定(二段階認証 / TORの要求ブロック)

 

まず、携帯電話番号の紐付けを行います。SMS(ショートメッセージサービス)が受信可能なSIMと端末を用意してください。入力画面の最初が、下記のように「+81」となっていることを確認して携帯電話番号の入力を行います。


続けて、二段階認証の設定を行います。方法としては、【SMSの受信】か【Google Authenticator(Google認証システム)】を選択することが出来ます。どちらを選択しても構いませんが、両方ともを選択することはできません。Google認証システムを選ぶ場合は、スマホやタブレット端末に専用アプリをインストールする必要があります。

画面右下に出ている「有効にする」をクリックします。



認証方法を選択する画面になるので、どちらかを選択します。ここでは、「
Google Authenticator(Google認証システム) 」を選択したものとして進めていきます。

 

Google Authenticatorを選択すると、次のような画面になります。事前にダウンロードしてインストールしたアプリを起動させ、QRコードを読み込ませてください。アプリ内に6ケタの数字が出てくるので入力します。最後に、「2段階認証を有効にする」をクリックすれば完了です。


 

最後に、TORという匿名ネットワークで使用されているIPアドレスからのアクセスを防ぐための設定を行います。右下にある「TORの要求をブロックします。」をクリックすると設定は完了します。



これで、基本的な設定は完了です。お疲れ様でした。
なお、ビットコインの送付や受取の方法については、別途解説ページを用意する予定です。

Updated: 2017年2月4日 —

【人柱企画】HYIP投資中

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

TradeCoinClub(トレードコインクラブ)

※音が出ます。音量にご注意ください。
D9クラブ運用日記 © 2017 Frontier Theme