日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー: ビットコイン基礎知識

ブロックチェーンウォレット(Blockchain.info)への登録と初期設定

ビットフライヤーの説明の後半に出てきた「ブロックチェーン(Blockchain.info)」というサイトでWebウォレットを作成する方法を紹介していきます。ビットフライヤーと同じく、無料で作成(開設)することができます。

 

所有しているビットコインを、なぜブロックチェーン(ウォレット)に移さなければならないのかという理由ですが、「セキュリティの面から考えると、自分の所有しているビットコインの管理方法としては好ましくないから」というのが最も理解しやすい理由です。

 

書き出すと話が本筋からずれてしまうので、ここでは割愛しますが気になる方は調べてみてもよいでしょう。検索するとブログやサイトでたくさんの記事が読めますよ。

 

(1) ブロックチェーンウォレットのウォレット作成(開設)

 

公式サイトにアクセスし、「ウォレット」⇒「ウォレットを作成」をクリックします。

 

 

 

メールアドレスとパスワードを入力後、「利用規約に同意する」にチェックをし「続行」をクリックします。これで、あなた専用のビットコインのウォレットが作成できました。

 

 

(2) セキュリティの設定

 

ウォレットを使用する前に、「セキュリティセンター」をクリックしてセキュリティの初期設定を行います。



セキュリティーセンターをクリックすると、下記のような画面が表示されます。登録したメールアドレスに確認のメールが届いているはずなので、メール内の「Verify Email」をクリックします。

 

検証リンクをクリックすると、ログイン画面が表示されます。パスワードを入力して再度ログインしてください。確認メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダなどを確認してください。しばらく待ってみて届かない場合は「電子メールを再送信」して再送するか「メールアドレスの変更」をしてみましょう。

 



再度ログインしたら、左側のメニュー「セキュリティーセンター」を開きます。画面の表示は、下記のように変わっているはずです。「バックアップ・セキュリティのフレーズ」をクリックして次に進みます。

 

 

バックアップフレーズをーズをクリックすると、ログインパスワードを聞かれますので、入力して送信をクリックします。

 

 

続けて、下記のような表示が出てきます。「リカバリーシートを印刷」をクリックすると、バックアップ用の回復句(英単語)がメモできるシートをダウンロードすることができます。この回復句(英単語)は全部で12個用意されています。このシートを印刷するか、メモ帳やノートを用意するかは自由です。準備が整ったら、「次のステップ(赤枠)」をクリックして次に進みます。

 


回復句(英単語)は、4つずつ表示されます。メモをしたら「
次の4つの単語」をクリックして次に進みます。同じことを繰り返すだけなので、画像は割愛します。

 

 

控えた回復句(英単語)を指示に従って入力していきます。何番目の回復句(英単語)を入力するかはランダムで決まります。

 

 

確認が成功すると、下記のような画面になります。先ほど控えた回復句(英単語)は自分以外の人には見られないように安全かつ厳重に保管してください。紛失すると、万一の際にビットコインを取り出せなくなる可能性があります。

 

 

必要に応じて、ログイン用のパスワードを忘れた際のヒントを設定しておくことができます。ただし、日本語の入力は出来ません。英語やローマ字、数字などで入力するか、無視して次に進んでください。

(3) セキュリティ設定(二段階認証 / TORの要求ブロック)

 

まず、携帯電話番号の紐付けを行います。SMS(ショートメッセージサービス)が受信可能なSIMと端末を用意してください。入力画面の最初が、下記のように「+81」となっていることを確認して携帯電話番号の入力を行います。


続けて、二段階認証の設定を行います。方法としては、【SMSの受信】か【Google Authenticator(Google認証システム)】を選択することが出来ます。どちらを選択しても構いませんが、両方ともを選択することはできません。Google認証システムを選ぶ場合は、スマホやタブレット端末に専用アプリをインストールする必要があります。

画面右下に出ている「有効にする」をクリックします。



認証方法を選択する画面になるので、どちらかを選択します。ここでは、「
Google Authenticator(Google認証システム) 」を選択したものとして進めていきます。

 

Google Authenticatorを選択すると、次のような画面になります。事前にダウンロードしてインストールしたアプリを起動させ、QRコードを読み込ませてください。アプリ内に6ケタの数字が出てくるので入力します。最後に、「2段階認証を有効にする」をクリックすれば完了です。


 

最後に、TORという匿名ネットワークで使用されているIPアドレスからのアクセスを防ぐための設定を行います。右下にある「TORの要求をブロックします。」をクリックすると設定は完了します。



これで、基本的な設定は完了です。お疲れ様でした。
なお、ビットコインの送付や受取の方法については、別途解説ページを用意する予定です。

コインチェック(coincheck.com) ~登録・ビットコイン購入・送付~

私がおすすめする仮想通貨(暗号通貨)購入・販売・取引所は「Coincheck(コインチェック)」という業者です。日本で一番簡単にビットコインを買える取引所として有名です。ビットフライヤーよりも簡単です。

コインチェックへの登録

 

まずは「https://coincheck.com/」にアクセスして登録を行います。

 

 

メールアドレスとパスワードを入力して「アカウント作成」をクリックするだけで登録が完了します。下記のようなメールが届きますので、リンク部分をクリックします。

 

 

電話番号によるSMS(ショートメッセージサービス)認証

 

コインチェックは、SMS認証をしないと日本円を入金してビットコインを購入することが出来ません。スマホやタブレットを用意して電話番号によるSMS認証を行います。ログインしたら、「設定」をクリックします。

続いて「日本円/USドルを入金する」をクリックします。右側に「SMS認証をする」というボタンが出てきますのでクリックします。

入力例に従って、電話番号を入力します。格安SIMをお使いの方は、SMSに対応しているかどうか確認してください。未対応の場合は、SMS認証をすることが出来ません。SMS対応のSIMをご用意ください。

入力が完了したら、「SMSを送信する」をクリックします。しばらくすると認証コードが記載されたメール(ショートメッセージ)が届きます。内容を確認して「送信された認証コード」の欄に入力し、「認証する」をクリックすると完了です。

セキュリティの設定

 

続いて、セキュリティの設定を行います。ビットコインというと、お金っぽく感じないかもしれませんが、お金と同じ取り扱いをしなくてはなりません。

コインチェックは、ネットバンクなどと同じようなものと認識するようにしてください。ここでは、二段階認証の設定を行います。下準備として、お手持ちのスマホまたはタブレットで「Google認証システム(Google Authenticator)」というアプリをダウンロードしてインストールしてください。

下記の画面から、アプリの詳細ページを確認することが出来ます。iOS、Androidともに対応しています。

Google Authenticator(GooglePlay)

Google Authenticator(AppStore)

左メニューの設定から「二段階認証」に進み、「Setting」をクリックします。

すると、下記のようにQRコードの表示が出てきます。ここまで確認できたら、先ほどスマホまたはタブレットにインストールした「Google認証システム(Google Authenticator)」を立ち上げます。

アプリ上からQRコードを読み込ませると「6ケタの数字」が生成されます。表示された数字を、この画面に入力し「設定する」をクリックして完了となります。

本人確認資料の提出


続いて、本人確認資料を提出し、本人確認を行います。本人確認をしないと、利用できるサービスに制限がありますので必ず行いましょう。手続きを進める前に、本人確認資料について整理しておきましょう。

 

coincheckでは現在、1日50,000円を超える日本円の入出金には本人確認を必要としております。

個人の方は
いずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

 

(1)旅券(パスポート)

(2)在留カード

(3)特別永住者証明書

(4)外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)

(5)運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は、裏面も提出して下さい)

(6)官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの

提出書類とご本人が一緒に写っている写真

以下の写真のように、提出された書類の顔写真が写っているものと、
ご本人様が一緒に写っている写真をご提出ください。

また、法人の方は以下の書類全ての提出が必要となっております。

・法人名義の口座通帳の表紙の写し

・発行から6ヶ月以内の登記簿謄本等の写し

・取引責任者(担当取締役相当)個人の免許証またはパスポート等で写真付のもの

準備が整ったら、下記のフォーマットに従って入力していきます。免許証の表面と裏面の住所が違う場合は、裏面の提出も必要ですので注意してください。

最後に、「本人確認を提出する」をクリックすると提出が完了します。土日は動いていないため、平日の営業時間内に事務局側で確認が行われます。本人確認が完了するとメールが届きますので、それまで待ちましょう。登録と、各種設定については、ここまでとなります。

コインチェックに日本円を送金

 

ここからは、本人確認が完了していることを前提で進めていきます。

まずは、コインチェックの管理画面にビットコインの購入資金を反映させるために、コインチェックに資金を送金します。送金方法は、【銀行振込による入金】【コンビニ入金】【クイック入金】の3種類があります。

銀行振込による送金

左メニューから【日本円 / USドルを入金する】を選択し、表示された銀行口座にビットコインの購入資金を送金してください。送金手数料は、送金者の負担となりますので注意してください。

<例>

ユーザーIDが「123456」で振込名(あなたの名前)が「ヤマダ タロウ」の場合は、【123456 ヤマダタロウ】となります。

コンビニ入金

左メニューから【日本円 / USドルを入金する】を選択し、【コンビニ入金】をクリックします。必要事項と、入金したい金額を半角で入力し、最後に【決済申請】をクリックします。

あとは、画面の指示に従って手続きをすすめてください。一定の手数料がかかりますが、24時間365日即時反映で入金が可能です。

クイック入金

左メニューから【日本円 / USドルを入金する】を選択し、【クイック入金】をクリックします。必要事項と、入金したい金額を半角で入力し、最後に【決済申請】をクリックします。

あとは、画面の指示に従って手続きをすすめてください。一定の手数料がかかりますが、24時間365日即時反映で入金が可能です。ただし、【クイック入金】に対応した銀行口座やネットバンクを開設している必要があります。

ビットコインの購入

 

左メニューから【コインを買う】をクリックします。ビットコインが選択されていることを確認して、【数量】の欄に購入したいビットコインの量を入力します。すると、自動的にレートが換算され下に出てきます。

内容を確認して、問題なければ【購入する】をクリックすれば、ビットコインの購入は完了です。

ビットコインの送付

 

左メニューから【コインを送る】をクリックします。【ビットコインアドレスで送る】が選択されていることを確認して、【宛先】の欄に送付先のビットコインアドレスを入力します。

続けて、【数量】の欄に送付したいビットコインの量を入力します。ビットコインの送付には一定の手数料がかかります。手数料は自動で表示されます。全額を送付する場合は、数量から手数料を差し引いた額を入力してください。

内容を確認して、問題なければ【購入する】をクリックすれば、ビットコインの購入は完了です。お疲れ様でした。

ビットフライヤー(bitFlyer.jp)への登録と初期設定

私がおすすめする仮想通貨(暗号通貨)購入・販売・取引所は「BitFlyer(ビットフライヤー)」という業者です。日本語に対応していて、アカウント作成や手数料、維持手数料が無料です。さらに、2017月現在、ビットコインの売買手数料&送金手数料が「無料」となっています。いずれは有料化されるかもしれませんが、現状は「しばらく無料」と明記されています。

(1) ビットフライヤーへの登録

 

まずは、下記バナーより「https://bitflyer.jp/」にアクセスして登録を行います。



 

 

 

通常のメールアドレスのほかにfacebookYahoo!IDgoogleアカウントで登録が可能です。
メールアドレスを入力をして「アカウント作成」を押すと下記のようなメールが届きます。
メール内の青字部分(リンク)をクリックして初回パスワードをコピペすれば、登録は無事完了となります。

 

 

(2) セキュリティの設定

 

ビットフライヤーに登録したあとは、セキュリティの設定を行います。
左側のメニューから「設定」⇒「セキュリティ設定」を選択します。

 

下記のような設定画面になりますので、「ログイン時に二段階認証を使用する」「外部アドレスの登録時に二段階認証を使用する」「コインの外部送付・bitWire日本円の出金時に二段階認証を使用する」にチェックを入れます。必要に応じて「ログイン通知メール」にチェックを入れてもよいでしょう。



アカウントクラスを上げるための設定

 

ビットフライヤーにはアカウントクラスというものがあります。携帯電話での認証や、本人確認、銀行口座情報確認など、取引に必要となる情報を管理側に登録することによってクラスは上がっていきます。

 

登録後は「スタンバイクラス」になっているはずです。下の表の「ビジネスクラス」を目指して作業を進めていってください。



(3) 携帯電話認証またはFacebook認証

 

お手持ちの携帯電話を登録すると、SMS(ショートメッセージサービス)で6ケタの確認コードが届きます。それを入力すると完了します。

 

環境によっては、SMSが届かないこともあります。ログイン後に音声での認証もできるため、一時的に飛ばして次に進んでも問題ありません。

(4) 本人確認資料の提出

 

提出できる書類は、下記のとおりです。

  • 免許証(表面と裏面、計2点)
  • パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ、計2点)
  • 顔写真付住民基本台帳カード(表面と裏面、計2点)
  • 外国人登録証明書(表面と裏面、計2点)
  • マイナンバーカード(表面)
    マイナンバーカードにつきましては、裏面のご提出は不要です。
    通知カードはご利用になれません。

のいずれかと

  • IDセルフィー(上記の書類とご本人が一緒に写っている写真)

 

それぞれ準備をしてから送付を行いましょう。管理者側で確認がされるとステータスが「登録済」となります。ここまで行うと「エグゼクティブエコノミークラス」にランクアップすることができます。

 

(5) 銀行認証

 

銀行認証とは何かというと、登録者(つまり、あなた)の登録した銀行口座が存在しているかどうかの確認のために行われます。そして、ビットコインの購入資金は登録した銀行口座からしか送金できません。

 

登録した銀行口座以外から送金してしまうと、入金先が不明となりビットフライヤーに反映されないので注意するようにしてください。初回の入金確認には多少の時間がかかるようですが、自分のアカウントに入金した金額が反映されると、ビットコインの売り買いをする準備が整うと同時に「ビジネスクラス」にランクアップしているはずです。

 

最終的に下記のようになっていればビットフライヤーの登録は完了となります。

 

 

(1) ビットコインの購入方法

 

ここからは、ビットコインを購入するための説明をしていきます。既に、ビットコイン購入用の銀行口座に送金した後という前提で進めていきます。

 

ビットコインの購入は「ビットコイン販売所(以下、販売所)」または「ビットコイン取引所(以下、取引所)」で行うことができます。注意点としては、販売所の営業時間は「365日06:00~25:00」ということです。上記以外の時間帯は「取引所」で行うことになります。

 

取引金額は、「販売所」>「取引所」という感じで、取引所で購入する方が少し安いです。ここでは、販売所を例にして説明していきます。

 

 

購入したいビットコインの数量を入力(またはクリックで増量)して「コインを買う」をクリックします。すると、注文画面に移るので6秒以内に「注文実行」をしてください。

 

ビットフライヤーの「販売所」では、レート表示が12秒ごとに変わっていきます。実際のレートは秒単位で変化していくため、表示されている価格を保証できる時間が短くなっています。注文実行を行うと、即座に資産状況に反映されます。購入したBTCの数量が合っていることを確認するようにしましょう。

 

購入したビットコインは、「ビットフライヤー」の資産状況に反映されますが、あくまでも一時預かり的な場所として考えるようにしてください。購入後は、ビットコインを入れておく専用のウォレットサービスに送金して管理する必要があります。

 

(1) ビットコインの送金(送付)方法

 

ビットコインを送金(送付)するためには、「ブロックチェーンウォレット」というビットコインを預けておく専用のウォレットサービスに登録しておく必要があります。この「ブロックチェーンウォレット」の登録方法については、別項目にて説明しますので、そちらをご覧いただければと思います。ここでは流れだけ押さえておいてください。

 

ブロックチェーンウォレットのメニューより「入出金」⇒「BTCのご送付」を選択します。赤枠の中に入れる情報は、「ブロックチェーン」に登録してからでないと入力できません。既に登録済みの場合は、ブロックチェーン鵜ぞrウェットにログインします。そして、「Be Your own bank.」という表示の下にある「受信」をクリックすると確認することが出来ます。

 

上記のような画面になるので赤枠の文字列をコピーします。そして、「ビットフライヤー」に戻り、先ほどの「新しいビットコインアドレス」の部分に貼り付けます。ラベルについては、任意の文字列で構いませんが今後も使うことになるので「ブロックチェーン」といった分かりやすい名前を付けておくとよいでしょう。

 

登録したら、送金するビットコインの数量を入れて「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックすると送金が完了します。ブロックチェーンのウォレットに反映されているので確認しましょう。

 

 

ここまでで、「ビットフライヤー」の説明は終わりです。おつかれさまでした。

startMiner - free and simple next generation Bitcoin mining software
D9クラブ運用日記 © 2017 Frontier Theme